HOME  » ほんもののおいしさを求めて

ほんもののおいしさを求めて

ほんもののおいしさを求めて

アロバーのコーヒーをご愛飲いただき誠にありがとうございます。
アロバーでは、1991年の創業時から大切に守り続けてきたものがあります。

それは、「鮮度」

これまで乾物扱いされていたコーヒーですが、焙煎したてのコーヒーのあの香りは長くは持続しない。と当時から感じておりましたので、アロバーではコーヒーを「生鮮食品」という考えから、どのコーヒーにも「焙煎日」を記載してきました。
「鮮度が命」と十数年やってきましたが、さらにコーヒーを飛躍的においしくするものが出てきました。

スペシャルティコーヒー

これは、ブランド化した有名産地のプレミアム的なものとは正反対のもので、酸味、甘味、風味など、つまり中身で判断するという、素材、作り手にスポットの当たったコーヒーといえます。この「スペシャルティコーヒー」は、容易く生産できるものではなく、土づくりから始まり、収穫時の選別はもちろん、年間を通じて農園に足を運び、木の手入れなど、従来の生産の作業工程からかけ離れた手間がかかります。

焙煎人が自ら産地へ出向き、生産者とふれあい、生産にかける想いなどを話し合うことで、信頼関係を築き、継続的に買い付けを行っております。

また、直に産地を奥深く見ることで、お客さまに「安心・安全」も同時にお伝えすることができます。

これらが全て揃ってこそ、
本当においしい「ほんもの」のコーヒー
と言えるのです。

株式会社アロバー 代表取締役梶 聡一朗

お店の名前の由来について