HOME » コーヒーメッセンジャーSekkyブログ

コーヒーメッセンジャーSekkyブログ

小さな一歩がチカラに。

2020年3月15日

先日このブログでも書いたのですが、

【勝手に酪農家さん応援企画】の牛乳を飲もう!!のことを

アロバーのFacebookやInstagram、Twitterで発信したところ、沢山の皆さまに

シェアやリツートをしていただきましたup本当にありがとうございます!!

 

また、この話を聞いて瀬戸内海放送の方よりご連絡いただき

急遽取材にもなりましたeye

その模様はこちら↓

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00010009-ksbv-l37

 

結果、昨日は両店ともに沢山のお客さまが足を運んでくださって

ラテやカプチーノをお求めいただき召し上がっていただけることにshineshine

その場でおかわりをされる方までいましたlovely

 

できる事をできる範囲で精一杯する。

 

うちのような小さな会社でできる事は本当に大した事ではありません。

それでも何かのお役にたてるんじゃないかと信じて行動し

それに賛同くださる方がいてチカラを貸してもらえることは

本当にありがたいし大げさに聞こえるかもしれませんが

「生きていくこと」「働くこと」の意味を感じさせていただく事になりました!!

 

さぁ今日も1日笑顔でがんばります☆

社長.jpeg

 

誰かの役に立ってるかもしれないこと。それをするかしないかということ。

2020年3月 8日

みなさまこんにちは。

今日は香川県午前中は雨がザーザーで

こんなrainの中、足を運んでくださるお客さまに本当に感謝しきりでございます。

 

さて

タイトルになっていることですが、

 

ここ最近テレビをつければ「コロナウイルス」の話でいっぱいで

見えない未知なるウイルスへの恐怖はなかなかの影響があり

私たち人間もそうですが、沢山の企業さんが悲鳴をあげています。

友人たちが経営しているお店も例外ではありません。。。

 

一刻も早い収束を願うばかりなのですが

何かアロバーにもできることはないのか、あるんじゃないかと

焙煎人(社長)が頭を悩ませておりまして

ある夜、突然

!!!!!!!! 牛乳をのもう !!!!!! !

と言い出したのです。

 

学校が突然の春休みになり、学校給食が無くなって

多くの酪農家さんたちの牛乳が余っているという情報から

緊急応援企画としまして、

カプチーノとアイスラテを半額にしよう!

ということになりましたnote

 

本日から3/17(火)までの間であり、とっても微力ながらにはなりますが

開催いたしておりますhappy01

お買い求めいただいたお客さまからは

「なんだかお役にたてている感じがして嬉しい」と。

 

思ったら、やってみよう。

「やろうかなぁと思ってたんだ」は

なんだかもったいないなと思った関本でした。

 

コーヒー.jpeg

 

 

 

産地訪問を経て。(1)

2020年2月20日

皆さまこんにちは(*^^*)

お元気にしていますか?私は現在絶賛「花粉症」ですwobbly

今年の飛散量は少ないと聞いていたのに私もそばにいるスタッフも交互にくしゃみをしております(汗

 

さて、今年は産地訪問に無事行くことができました。

何のこと?と思った方はこちらを御覧くださいhttp://www.arovor.com/news/2019/02/post-198.php

 

今年はエルサルバドルからの訪問です。

日本から飛行機を乗り継いで約30時間。

11年ぶりにに見る景色・空気・体感はあの時に感じたものを全て超えてきました。

DSC00954.jpg

アロバーではもう本当におなじみのリマさんです。いい笑顔♪

エル・コロソ農園(はるまちで使用)やサン・パブロ農園(潤やその他のブレンドにも使用)、エル・タンボール農園やエル・ミラドール農園

2日間に渡って、リマさんのご案内のもとジャングルのような農園内をサクサクと歩いてまわりました。

(リマさん毎日10キロ以上走る人だからとにかく歩くのが速いupそして足も長いから歩幅が違うhappy02

 

美しい景観の中ですくすくと成長しているコーヒーの木たちを見ると改めて産地に来たんだという実感になります。

DSC00956.jpg

※ちなみにこのあと私は2回尻もちをついて転びます(笑

DSC00967.jpg

コーヒーは(ご存知の方も多いかもしれませんが)、【コーヒーベルト】と言われる

赤道を挟んで北緯25度・南緯25度のエリアで栽培されています。

年間を通して20度前後の気温で年間降水量も1200~3000mm程度なければいけません。

また標高が高いほど寒暖差があり、風味が素晴らしく品質の良いコーヒーになります。

 

このコーヒーベルト内にエルサルバドル・ニカラグアというアロバーが毎年行っている国があります。

収穫時期は日本でいうところの12月から2月頃まで行われています。

今年は早い訪問だったので最初の収穫がちょうど終わったところでした。

DSC00992.jpg

エルサルバドルやニカラグアのコーヒーの木は、斜面に植わっています。ものすごーーく急な角度のところもあります。

それを人の手で赤く熟した実だけを丁寧に摘み取っていきます。

気温が上がる前の午前中に。

(気温が上がるとともに完熟度が増していき過熟になると良いコーヒーとしての価値が下がっちゃうんです)

赤い実をたくさん袋に入れて運ぶ労力を考えると本当にありがたいなーーと

改めてため息がでました。

DSC01015.jpg

※だいぶリマさんが先の方を歩いていますね(笑

DSC01042.jpg

※農園の中腹から湖が見えます。(けれどこの頃私は息切れMAXcoldsweats01)

(つづく)

アロバーのサービスとは。

2019年12月29日

年末ですねーーー!

大変大変ご無沙汰をいたしております。

2019年、皆様にとってどんな年でしたか?

令和という新時代を迎えた2019年。私個人にとってとても激動な一年でした。

どんなことがあったかはまたの機会ということにして。

今日はタイトルにもつけた「アロバーのサービス」について少し語りたいな思います。

 

サービス。

耳慣れた言葉ですがここにどんな意味があるのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

色々なサイトで色々な定義があったのですが、とりあえずひとつ。

誰かのために何かを行うこと。誰かの助けになること。

だそうです。

なるほど。これだけだとボランティアっぽい感覚もあります。

また

無形の財や価値、あるいは労役などを提供すること。

ふむふむ。

だからサービス残業なんて言葉もあるんですね。

 

で、アロバーです。

アロバーは経営理念に【スマイル トライアングル】を掲げています。

これはもう何度もこのブログやアロバーの店頭、SNSなどでもお伝えしてきました。

お客さま、社員(アロバー)、取引先さまのこの三方が笑顔になることを意味します。

この理念は今から約3年前に完成しました。

 

それまでの私たちは、お客さまに喜んでいただきたいという思いから

とにかく【値引き】というサービスをしていました。

アロバーの昔からのお客さまはご存知かと思います。

まずはコーヒーを多くの方に知っていただきたい。

ご家庭で飲んでいただきたい。

その思いでやってきました。

 

結果、沢山のお客さまに恵まれました。

ありがたいことです。

 

それでも私たちはあることに気づいてしまったのです。

うちのスタッフ。

取引先の農家さん。

梱包資材の会社さん。

配送業者さん。

アロバーに関わる全ての業者さん。

ここは笑顔になっているだろうか。

 

お客さまがいなければ経営は成り立ちません。

それと同じくらいスタッフもいなければ会社は存続しません。

アロバーに関わる業者さんたちの助けがなければ

美味しいコーヒーをお届けする術が無くなってしまいます。

 

【割引】【値引】【大安売】【特売】

心そそられるワードに違いないのですが

その影で苦労している方がその背景にあるのもまた事実なのです。

 

アロバーは2020年で30周年を迎えます。

【スマイル トライアングル】という理念のもと

アロバーのサービスについて今一度見直す時期がきました。

もしかしたらお客さまにとってご理解いただけないサービスになるかもしれません。

だとしても、信念を持ってアロバーは前進していきます。

2019年を締めくくるブログがやたらと長文になりましたが

読んでくださりありがとうございます!!

 

皆さまにとって2020年が素晴らしい1年となりますよう

心よりお祈りいたしております。

焙煎DSC_4680-01.pngのサムネイル画像

応援される人になる。

2019年10月14日

ワールドカップラグビーや、バレーボール、そして野球のクライマックスシリーズなどなど。

ここ最近スポーツに心を動かされまくりな人が多いんじゃないでしょうかup

ご覧になってない方もおられると思いますが、今日は少しこの事について語りたいなと思いますのでお付き合いください♪

 

一生懸命、目的や目標に向かって進んでいる人って圧倒的に美しいし、その姿にものすごく惹かれます。

【にわかファン】なんて言葉もありますが、そのがむしゃらな姿に感動したからこそ

一瞬で心を鷲掴みにされてしまい応援したくなるんだと思いませんかshine

 

私も誰かを応援したくなるのと同時に

アロバーも沢山の皆さんから応援される会社にならなきゃいけないなと改めて思いました。

 

アロバーも目的や目標は明確にあります。

あとは純粋なひたむきさと努力と最高の笑顔とおもてなしの心。

スポーツのようにわかりやすいゴールではないかもしれません。

(優勝とか、決勝リーグへ進むとか)

それでも目的に向かって進むという点ではなんら変わりないので

今日もまたひたすらにただひたすらに

コーヒー豆を通じて皆さまに笑顔をお届けしようと思いますshine

焙煎DSC_4680-01.png

 

 

 

‹ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11