HOME » 焙煎人ブログ › まさかってこういう時に使うのね。

焙煎人ブログ

まさかってこういう時に使うのね。

2019年2月24日

皆さまこんにちは。

先日のブログにて、今年の買い付けのお話をしました。

で、22日に出発の日を迎え私は成田空港に到着。

IMG_4408.jpg

超がつくくらいの笑顔です。

出発が夕方の5時でしたので、それまでの間少しの時間を過ごしていました。

航空会社のカウンターが開いたのが13時頃。

荷物を先に預け、チェックインをしようとしたその時、私のパスポートが機械に反応して

ポーーンというエラーメッセージがでました。

なんとなくですが、この時嫌な予感がしました。

 

一緒にいた社長は「機械のトラブルだろう」ということで詳しい話を聞くことに。

「あーこのパスポート、ニカラグアに行くには6ヶ月の残日数が必要で、

お客様のパスポートが5ヶ月と少しなので入国できません。エルサルバドルは3ヶ月ですのでこちらは可能ですがどうしますか」

・・・・・

・・・・・

え?

まさかそんな・・・・・。

 

私も社長も頭の中が真っ白になりました。

少しだけ考えて

エルサルバドルだけでも行くことにしようという事になり

飛行機の手配をかえることに。

その後少ししてカウンターの方が慌ただしくなり

 

「お客様、大変申し訳ございません!!! 私の見間違いでございました! 

エルサルバドルも6ヶ月の残日数が必要なので入国できません。ヒューストンまでは可能ですがいかがいたしますか?」と。

 

・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・

え?

まさか行けないの?私。

ここまで来たのに?

 

空港の方が「私の見間違いでご迷惑をおかけしたので大使館に確認してみます」と

おっしゃってくださり、問い合わせてくれたのですが、

私は政府の要人でもなく、企業のVIPでもない訳で・・・

当然のことながら出国できないという事になってしまいました。

 

エルサルバドルに滞在するのがたったの3日間。

ニカラグアが9日間くらい。

私のパスポート5ヶ月ちょっと残ってる。

だめなんですね。。。それでも。

何かしらの手続きを踏めば救済処置があるだろうって思っていました。

だって日本国のパスポートは最強って聞いていましたし。。

 

もちろん完全に私のミスです。

国によって残日数が違うなんてこと知りませんでした。

旅行会社などを通して申し込む場合ならそういう指摘もあったかもしれません。

でもうちは単独で手配しているので本当に気づけなかった。。。。

 

悔しさと悲しさで涙が止まりませんでした。

そのまま成田から高松へ戻ることに。

※金曜日の夕方の便なのに奇跡的に1席だけ空いてたというこのまさか。

 

まさかってこういう時に使うんですね。

人生には3つの坂があるとよく結婚式なんかのスピーチで聞いたことがあります。

上り坂。下り坂。

まさか!

 

無念だ(by財前)

エルサルバドルの農園の奥さまにもすぐに連絡したら

Oh Noooo!!と。

なんとかならないのか。と言われましたが、なんともできませんでした。。。

 

そして、社長一人で中米に出発したのであります。

 

皆さまにも出発にあたり激励の言葉や、困った時の為にお薬をいただいたり

スタッフからも向こうで食べるおやつや、体調が悪くなった時のツボを紙に書いてくれていたりと

色々お気遣いいただいたのに本当に申し訳ない気持ちでまた泣けてきました。

 

それでも、メソメソばかりしていられません、

きっとこっちでやらなければならない仕事があるって事なんだと思って

また明日から仕事に精進しようと思います。

来年こそは必ずいくぞ!! パスポート更新するぞ!!

しかし本当に遠いな。。。。エルサルバドル。ニカラグア。(涙)

 

追伸

社長はエルサルバドルに無事到着しています。

買い付けよろしくお願いします!!  社長(*^^*)

IMG_4435.JPG