HOME » 焙煎人ブログ › 珈琲とわたし。

焙煎人ブログ

珈琲とわたし。

2018年9月28日

mapleですねーー。 気温が30度を超えなくなってきました。

先日、【時を編む】の発売の話をしたと思うんですが

このコーヒーは実はスタッフの想いが形になった豆なんですup

この画像にもある通り世代を繋ぐ珈琲でありたいという想いが込められています。

時を.jpg

そこで今日は私の珈琲にまつわるお話をします(*^^*)

初めて飲んだのはたぶん小学校低学年の頃だったように思います。

 

家にあった黒い蓋の瓶に入った茶色い粉。

それをいつも母がお湯に溶かして飲んでいました。

香ばしいようななんともいえない香り。でも嫌いじゃない香りでした。

私も飲んでみたかったけど「大人の飲み物だから」と

飲ませてくれることはありませんでした。

 

ある日

こっそり蓋を開けて

母のコップに茶色い粉をスプーンにひとさじ。

お湯を入れてグルグルかき混ぜて

いつも母が美味しそうに飲んでいる

小さい泡がたった黒い飲み物が完成です。

 

わくわくしながら

ふーふーして

一口ゴクリ。

「にっがーーーーーーー」

 

それ以来高校生になるまで1度も飲んでいません(笑

とにかく苦い想い出でした(笑

 

皆さんの初めてのコーヒーの想い出話を聴かせてください♪

その日を想い出し時を編んでみませんか。