HOME » 焙煎人ブログ › 七夕の思い出。

焙煎人ブログ

七夕の思い出。

2018年7月 6日

皆さんこんにちは。

どうもブログがご無沙汰になりがち@関本です。

雨・・・雨・・・梅雨とはいえ本当にジメジメしますよね・・・。そして怖いです。

なんでも「すぎる」のは良くないといいますが、本当に降りすぎですsweat01

 

そんなこんなで明日は『七夕』です。

皆さんはどんな思い出がありますか?

「たなばたさま」の歌を大きな声で歌ったことでしょうか?

それとも短冊に「かしこくなりたい」「お金持ちにになりたい」と願いを書いたことでしょうか?

私は実は苦い苦い思い出があります。

 

あれは小学校6年生の頃だったと思います。

当時、私は太っていまして「白豚」とか「ホワイトピッグ」pigと呼ばれていました。

そんなある日、学校の「七夕会」で演目として七夕伝説のお話をすることに。

彦星役は当時の学校のイケメンくんがあっさりと選ばれて

織姫役が思春期真っ只中の女子達は決まりません。

 

そこでですよ。そこで。

「関本にしてもらおーよ」

「いいねー」「そうしよう」

ちょちょちょっとーーー 美人な子かわいい子他にいるでしょうがーーーーー

なにゆえ白豚の私にーーーーcrying

 

という訳で、全校生徒の前で渋々織姫役をやった私でしたdown

本当に恥ずかしかったし、逃げたい気持ちでした。

今でも毎年この時期になると思い出します(笑

 

それでも、

今私が人前で話すことがへっちゃらになったのは

この経験があったからかもしれません。

そう思うと、苦いけど素敵な経験だったんだなと思います。

 

ありがとーー6年3組のみんな(笑

20180706.jpg