HOME » 焙煎人ブログ › 2015年3月

焙煎人ブログ

所変われば品変わる

2015年3月30日

329IMG_9319.jpg

 

グアテマラシティからほど近いエリアにパレンシアという場所がありますが、カップオブエクセレンスを何度も輩出している素晴らしいエリアで、ここでレイエス親子の処理施設にて色々と学ぶことが出来ました。

 

329DSC_8336.jpg

 

今まで理解していたウォッシュド、ハニー、ナチュラル(それぞれ処理方法の名称)も所変われば品変わるというように、気温や灌漑設備などによって同じ呼び名でも全く異なる考え方で処理が行われていました。

消費国側からすれば名称ややり方を統一したがりますが、数多く知れば知るほどそれがナンセンスだと理解できます。

 

329DSC_8419.jpg

 

アンティグア地方にも行く予定でしたが、今回の訪問は2日間ととても短く、しかもセマナ・サンタといって日本のお盆と言えばイメージしやすいでしょうか、それが始まった日に我々が到着するというタイミングの悪さで基本的に多くの人々は仕事を休んでいましたし、アンティグアではそのセレモニーが大々的に行われ街に入ることすら困難だったため諦めざるを得ませんでした。

 

329DSC_8461.jpg

 

まぁ、最初の訪問ですし、短い滞在でしたので仕方ないでしょう。また来年時期をずらして訪れるとしましょう。空港までのお迎えから農園のアテンド、空いた時間の街の案内までコト夫婦にはとてもお世話になりました。

 

329IMG_9367.jpg

月曜日の午後は・・・。

2015年3月29日

皆さまこんにちは。久しぶりに日本からのブログ更新@関本です。

焙煎人はグアテマラにいる頃でしょうか?毎回更新が楽しみですね♪

 

さてさて実は3月に入ってからFM香川の16:00〜の人気番組「JOY-U・CLUB」の中のリスナー参加クイズに

アロバースタッフが正解発表者として、毎週月曜日に登場しています!!

すでにお聴きいただいているお客さまからは「ラジオCMはじめたの〜??」というお声をいただいたり

ラジオを聴いて初めてアロバーにお越しいただいたというお客さまもいらっしゃったりして反響の大きさを感じています(*^_^*)

 

明日はちょうど月曜日!

いつも聴いている方も初めて聴く方も是非ラジオに耳を傾けて欲しいですね♪

そしてクイズに応募して賞品をゲットしてくださいね〜presentshine

 

※JOY-U・CLUBはFM香川(78.6)毎週月曜〜金曜 16:00〜18:55まで放送です。

 

 

初グアテマラ!

2015年3月29日

エルサルバドルをまだ暗いうちに出発し午前中にグアテマラに到着。

 

328DSC_8250.jpg

 

昨年のSCAJ(スペシャルティコーヒーのイベント)でお会いしたサムエルさん夫婦が空港までお迎えに来てくれてそのままグアテマラシティにあるドライミルまで移動。

 

328IMG_9274.jpg

 

工場内の見学の後、12サンプルをカッピングしランチ&カフェへ。

 

328DSC_8246.jpg

 

ニカラグアやエルサルバドルではウェットミルで実と種をわけ水槽につける作業(ウェットプロセス)を行い、ドライミルで種(パーチメント)乾燥工程をするのが一般的ですが、ここグアテマラではウェットミルでパーチメントの乾燥まで行うのが一般的だそうです。

また、ファーメンテーションタンクで水を使うところと水を使わずにムシラジを発酵させる方法があるそうです。

 

328IMG_9266.jpg

 

ランチとスイーツタイムで色々と国や地域によって作業が異なることや気温や降水量による問題もさまざまなことを教えてもらいました。それらを明日一日で見学してくる予定です。

上記のこと以外にも面白そうなことが多く、初グアテマラは刺激をうけまくりの旅になっています!

 

328IMG_9297.jpg

素晴らしいショーの舞台裏では...

2015年3月27日

326DSC_7937.jpg

 

標高2400m近くあるサンタアナ火山をぐるりと囲むようにコーヒー農園が数おおくありますが、コーヒーが栽培できるのはせいぜい1800mまでで、それ以上は気温が低すぎて育ちません。

また逆に標高が低すぎると、中南米を中心にここ数年続くサビ病(ロヤ)というコーヒーの葉につく病気がまだ蔓延しており、1200mから下のエリアでは昨年と比べて収穫量が50~60%も減っているそうです。例年に比べて雨の量が少なく乾燥していることろも収穫量が激減した原因のようです。

 

326IMG_9084.jpg

 

 アロバーの継続取引の農園は全てこの火山にあり標高は1600mから1750mの寒暖の差が絶妙で、しかも火山灰を多く含む自然の栄養たっぷりの土壌で栽培されるコーヒーは標高の低いエリアと比べて木がとても丈夫で健康ですので病気にも強く品質の高いコーヒーを作り出します。

 

326DSC_8041.jpg

 

この恵まれた土壌・気候の農園ですが、フェルナンドさんはより品質を高めるために色々な品種を実験的に栽培したり、処理方法の改善など数多くのトライアンドエラーを繰り返しています。また、フェルナンドさんはグアテマラなど海外の生産国にも頻繁に足を運ぶことで上記のような試行錯誤が他の農園よりもはるかに多いのです。

 

326IMG_9091.jpg

 

皆さまのお手元に届くコーヒー豆はひと目見ても何もかわりはありませんが、品質を維持するだけでも数多くの努力と人の手がかけられいるのです。アロバースタッフはそのアンカーとして最高の状態でお客さまに提供する責任があります。素晴らしさとともに舞台裏を伝えることが「コーヒーに関わる全ての人を笑顔に」に繋がるのです。

 

326IMG_9154.jpg

ニカラグアからエルサルバドルへ

2015年3月26日

325DSC_7895.jpg

 

ニカラグアでは雨期と乾期が1ヶ月以上ずれており収穫がようやく最後を迎える農園が多くあったこともあり、買い付け用のカッピングは最終日にほとんどできず、帰国後になりました。

 

325IMG_9028.jpg

 

ニカラグアの行程を終えエルサルバドルへの移動はここ数年このプロペラ機。。。(飛行機苦手なのにこんな小型だと余計に揺れて嫌いです。。。)

 

325IMG_9044.jpg

 

エルサルバドルではいつもフェルナンド・リマさんと奥さんのマグダレアさんが自宅に招いてくれ夕食をごちそうしてくれます。とても気さくで陽気なおふたりですが、写真は真剣な顔で話をしています。
内容は。。。。。フェルナンドさんが大のパンダ好きでパンダの可愛さについて真剣に解説してくれているところです(笑)おちゃめですねぇ。

 

325IMG_9038.jpg

 

私、スペイン語を習い始めて4年くらいになりますが、なかなか上達できないですねぇ。簡単な日常会話程度ならジョークを交えて話すこともできるようになりましたが、複雑な話はチンプンカンプンです。

 

325IMG_9049.jpg

 

最後は日本からの手紙付きのお土産を渡しましたが、この説明が一番難しかったりします ^^;
さてこれからは農園巡りですが、なんとサルバドルでは初めて収穫を見れるみたいなので楽しみです。
では行ってきます。